神様は緑色

31歳、会社員が綴る趣味丸出しのブログ。

【映画レビュー】鍵泥棒のメソッド

こんばんは。うみほたるです。

本日の映画レビュー作品はこちら↓↓↓

鍵泥棒のメソッド

鍵泥棒のメソッド

 

鍵泥棒のメソッド』です。

運命じゃない人』で注目を浴び、『アフタースクール』で人気監督の仲間入りを果たした内田けんじ監督の第3作目です。(厳密にはさらに前にもう1作あるみたいですが)

本作のあとは新作らしい新作が出ていないので寂しい限りですね。

主演は堺雅人さん。脇を広末涼子さん、香川照之さんが固めるという『運命じゃない人』からは考えられないほど豪華なキャストになりました。

 

 

【あらすじ】

売れない役者志望・桜井は先が見えない人生に自殺を図るも失敗。徐に銭湯へと向かう。銭湯にて偶然居合わせた"コンドウ"が転倒し、気を失うところを目撃した桜井は、"コンドウ"とロッカーの鍵をすり替え、"コンドウ"の衣服、持ち物、車を盗んで立ち去る。

病院で目を覚ました"コンドウ"は記憶を失っており、持ち物から桜井と誤認される。

一方、雑誌社で編集長として働く水嶋香苗は、病床の父を励ましたい一心で結婚相手を探し始める。父のお見舞いの後、病院の入り口で鉢合わせた水嶋と"コンドウ"。記憶喪失状態を気遣う水嶋と真面目な"コンドウ"は徐々に互いに惹かれ合う。

桜井として暮らす"コンドウ"は役者として真剣に演技を磨き、周囲からも評価され始める。そんな努力家の一面に、水嶋は結婚を申し込むが、"コンドウ"が記憶を取り戻し…。

 

【レビュー】

桜井として生きる"コンドウ"の努力家でひたむきな一面、水嶋のちょっと抜けてるが献身的な一面など、微笑ましいストーリーと、"コンドウ"の真の顔を知ってしまう桜井がやらかしまくるハラハラのストーリーのバランスが絶妙です。この点は他の内田作品にも言えることで、一つの特徴といってよいかと思います。

事態を唯一完全に把握している桜井視点から見た"すれ違いコント要素"は前作からも引継ぎつつ、役者が下手な役者を演じるという苦労も見え隠れしていて、そんなところも面白いです。

映像のあちこちに張り巡らせた伏線を後半テンポよく回収していくのは相変わらずで内田作品の御家芸たるもの。

最後は一応3人ともハッピーエンドと捉えていいのではないかと思います。軽い気持ちで見ることができ、鑑賞後も気分爽快というまったりしたい休日の1本に是非オススメしたい作品です。

 

ちなみにこの作品、なんと名探偵コナンとコラボ(?)しており、内田監督が脚本を務めています↓↓↓

気になる方は合わせてチェックしてみるといいかもしれません。

 

【関連・類似作品】

僕が某T○UTAYAでバイトを始めた頃は、邦画界が結構盛り上がっていた時期でした。それが僕が比較的邦画をよく観ている理由の一つでもあると思います。

当時の邦画は内田作品のような"笑えるのに意外な展開"という映画が多くありました。ということで、今回はそれらのうちいくつかを紹介します。

・サマー・タイムマシンブルース

タイトルからわかる通り、いわゆるタイムリープもの。バカバカしいストーリーながらよく練られた脚本。オススメです。

キサラギ

以前の『十二人の死にたい子どもたち』のおまけコーナーでも紹介した僕が一番好きな邦画。今度こそメインで。。。

アイドルの死をきっかけに集まった5人のファンが織りなす推理・想像、あるいは妄想。

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

 

・THE有頂天ホテル

脚本家、放送作家として有名な三谷幸喜氏の映画監督作品第3作目。ホテルを舞台にした群像劇で、たぶん邦画史上最も豪華な俳優陣で固められた映画。三谷作品は他にもオススメが多いので、まとめて紹介したいですね。

THE 有頂天ホテル

THE 有頂天ホテル

 

 

それでは次の記事で。