神様は緑色

31歳、会社員が綴る趣味丸出しのブログ。

【ポケモン】最強実況者全力決定戦・ラスト

f:id:au31096:20190928213732j:plain

こんばんは。うみほたるです。

ポケモン最強実況者全力決定戦」、ついに昨日決勝戦が投稿され、優勝者が決定するとともに、全試合が終了しました。

前回の記事で決勝トーナメント1回戦について書いてから、かなり時間が経ってしまいました。(理由は昨日の記事参照)

au31096.hatenablog.com

本日は準決勝、3位決定戦、そして決勝をまとめて振り返っていきたいと思います。

 

本日の目次

 

準決勝第1試合 まのvsイレベン

まのvsイレベンの1戦はとてつもない運ゲーになりました。

初手はライコウvs色違いバンギラスで完全にイレベンの出し勝ち状態となりました。その上、ロックカットを積ませ、岩Zで無償突破を許し、この時点で僕は思いました。

「ああ、まのの負けだな」と。

多分僕だけじゃないと思います。

 

が、そこからが凄かったです。まのの控えは自由枠のドーブルとゲンガーでした。

これだけでだいたい何が起きたかわかる人もいるかもしれませんが、見ていない人は是非自分の目で見ていただきたいです。

まのの動画によれば確率的には0.5%の勝利。準決勝第1試合はまのの勝利となりました。

 

準決勝第2試合 シャーレvsしぇいど

シャーレvsしぇいどは戦略的な試合でした。

しぇいどが選んだ戦術は彼が使わないと予想されていた戦術の一つ、毒菱パでした。これがドハマり。うまく嵌められたシャーレが終始足掻く展開になっていました。

結果だけ見ればしぇいどの圧勝でしたが、一つ仮定をしてみたいと思います。

 

初手の火炎玉ミロカロスvsウツロイドの対面でミロカロスに毒毒が入った場面ですが、毒毒状態にさえならなければシャーレの勝ちもあったと思います。

僕は火炎玉ミロカロスも毒毒ウツロイドもよく愛用しているので、あの対面では真っ先に毒毒を警戒しました(あまり一般的な思考ではないのかもしれませんが)。

 

ミロカロスが引いた場合、裏のバシャーモペルシアンに毒毒が入ったと思います。この後しぇいど側は毒毒連打はできないでしょう。ゆえにすぐにミロカロスに戻せば火炎玉が発動し、毒毒を防ぐことができました。

そして、火炎玉ミロカロスをしぇいどの裏が突破できる可能性は低かったのではないかと思います。ミミッキュに呪いがあったものの、回復手段はないので何度も撃つことはできないので、あの一手が全てだったと感じました。

同じようなことはシャーレも後語りで言っていましたが。

 

3位決定戦

準決勝の結果、3位決定戦はイレベンvsシャーレということになりました。

この試合も結果だけ見ると一方的な試合になってしまいました。アナライズ眼鏡ジバコで挑んだシャーレは瞑想身代わりクレセに見事に起点にされてしまいました。

クレセ突破も厳しいかと思いましたが、その後クレセは突破したものの、後続を倒しきれず敗北。イレベンの勝利となりました。

この試合の見所は世にも珍しい「エコーボイスバトン」という現象が見れたことです。これはかなりポケモンに詳しい人でも意味がわからないと思います。僕もこの仕様を正しく理解していませんでした。その点だけでも一見の価値がある試合です。

 

勝戦

決勝はまのvsしぇいど、奇しくもゆっくり実況者同士の対決となりました。

勝戦にて、しぇいどは自らの原点というべき「積み構築」に帰ります。一方、まのは意表をつく型で勝負に挑みました。

プレイングで一番印象に残ったのは襷を消費した起点作りのウツロイドをしぇいどが残したことです。結果的に勝敗には影響しませんでしたが、残した理由が強いプレイヤーの思考だなと思いました。こういうことの積み重ねが僕と強いプレイヤーの差なのだと思います。

綺麗に起点を作り、そのままジャラランガで積んで倒しきったしぇいどが優勝。試合自体は淡白なものでしたが、両視点でのエンディングは世代最後のお祭りの終わりを感じましたね。

というわけで優勝はしぇいどさんでした。おめでとうございます。そしてまのさんも準優勝おめでとうございます。

 

最後に

この大会が始まったときに自分としては注目していたので、軽い気持ちで記事を書いてみたところ、他にブログなどで詳しく書いている人がいなかったからか、予想以上に注目されてしまいました(Twitterなどでは結構言及している人がいたようですが)。

注目され、アクセス数が増えるのはモチベーションになる反面、大会動画を見てそれを記事にすることを自分の中で義務化してしまった面があり、無駄に固く視聴してしまった気がします。

とは言え、第7世代最後にして最大といっていいだろう大会を十二分に楽しむことができたので、個人的にはやってよかったと思っています。

実況者大会はそれまで知らなかった人を知るきっかけになり、そこから通常回や過去の別の大会を見に行ったりするのが楽しみの一つでもあると思います。

今回でいうと僕はとしひこ、あかとんぼ、明日葉の動画を見に行ったりするようになりました。

 

主催のあみゅが最後に総括する動画を出すと言っていたので、それが最後の楽しみです。

 

僕のブログにおける「最強実況者全力決定戦」に関するネタは今回で終わりです。

これをきっかけに見てくださった方、ありがとうございました。よろしければ他の記事も興味があるものがあれば見ていっていただけると嬉しいです。

 

それでは次の記事で。