神様は緑色

31歳、会社員が綴る趣味丸出しのブログ。

【資格】宅建士に向けて⑤宅建士試験本番結果

こんばんは。うみほたるです。

本日10月20日(日)は令和最初の宅地建物取引士試験の本番でした!

ここ数日は山梨県に行ってからの宅建士試験の勉強追い込みということでブログの更新はかなり手抜きでした。。。

 

これまでわずか約3ヶ月間ではありますが、頑張って勉強してきた成果を発揮するべく本番に臨んで参りました。

これまでの記事はこちら↓↓↓

au31096.hatenablog.com

au31096.hatenablog.com

au31096.hatenablog.com

au31096.hatenablog.com

 

本日の目次

 

受験前日の過ごし方

昨日は受験前日ですが、僕は直前の予想模試での結果が振るわなかったので直前まで結構勉強をしていました。

僕が購入した2冊の予想模試のうち間違えた問題や勘に頼った問題を中心に総復習を行い、試験直前に読み込むようのノートを作っていました。

本当は前日にやるようなことではないと思いますので、真似はしない方がいいと思います。

 

受験当日

起床はいつも通り朝6時頃。そこから数日ぶりに晴れるというので洗濯をし、歯を磨き、、、要するに普通に過ごしていました。

洗濯も終わって7時頃に手が空いたので復習の続き。

試験会場では12時半までに着席とのことだったので、11時半ごろ家を出て会場までは歩いて向かいました。一応体を動かしておいた方がいいかな~と思ったためです。途中で食事をしてついたのが12時15分くらいでした。

資格試験を受けたことがある人はわかると思いますが、試験会場の周りにはその手の予備校やら参考書やらの関係者がうろうろしていて色々な物を配っています。今回は片っ端からもらって試験が始まるまでの15分程度はそれをひたすら眺めていました。

 

いざ本番!

まず手をつけたのは問48の統計問題。理由は直前に詰め込みまくった知識を忘れる前に解きたかったからです。これはたぶん他の受験する人も同じだと思いますし、これから受験する人にもオススメです。

これがばっちり解けたので、気持ち的には楽にスタートできました。

試験時間は事前に知っていた通り2時間で途中退室は早く解き終わっても不可という条件でしたので、時間いっぱいまで使って入念にチェックをすべきです。

僕は事前の模試で急げば1時間、普通にやっても1時間半あれば全問解き終わることがわかっていたので慌てることなく1時間程度でまず全ての問題に一通り取り組みました。その際、後でチェックしようと思った自信のない問題には印をつけておき、最後にまとめて解き直し、さらに全問狙った選択肢にマークが出来ているかを確認し、終了という感じでした。

終わった瞬間は割と手ごたえがあったのですが、事前模試でもそんな感じでいまいちだったことが多かったのであまり確信はありませんでした。ただ、事前模試をやるときは最後の見直しなどは省略していたので、その点では事前模試よりいい結果になるかな~と思っていました。

 

解答(速報版)

今の時代は便利なもので、色々プロの人たちが試験後1~2時間で解答をネットにあげてくれます。

複数の解答を照らし合わせて、信ぴょう性が高いと思われる解答はこんな感じでした↓↓↓

f:id:au31096:20191020210045j:plain

※速報として出ているものなので間違いがある可能性もあると思います。

 

僕の試験結果

僕の試験結果は50問中…

 

35点でした!!

 

何とも微妙。。。もう少し取りたかったですね。。。

 

合格最低点

宅建士試験では決まった合格基準点はありません。ここ数年の合格最低点はこんな感じ↓↓↓

平成25年:33点、平成26年:32点、平成27年:31年、平成28年:35点、平成29年:35点、平成30年:37点

 

見てわかるとおり、35点って…めちゃくちゃ微妙な点数なんですよね。

なんとか最低点に潜り込めるか、1,2点足らずに落とされるか…結果次第でまさに天国と地獄ですね。

 

 

 

今回は少し短いですが、試験で疲れたのでここまでにしたいと思います。

次回、試験結果の細かい内容と反省をしていきたいと思います。

 

それでは次の記事で。