神様は緑色

31歳、会社員が綴る趣味丸出しのブログ。

【ポケモン】メガシンカ&Z技廃止で活躍の場を奪われるポケモン

こんばんは。うみほたるです。

昨日の記事で新作「ソード&シールド」の紹介をしましたが、その中でメガシンカ、Z技の廃止について触れました。

au31096.hatenablog.com

 

今回は現環境のポケモンたちがメガシンカ、Z技のない環境にいったときにどうなるのか、考えてみたいと思います。

 

本日の目次

 

メガシンカ

そもそもメガシンカは全てのポケモンができるわけではないので、既に不公平極まりないものなのですが、それでもメガシンカを得てバトルでの活躍ができるようになったポケモンもいます。

そんなポケモンメガシンカがない環境でどうなってしまうのか、考察していきます。

ガルーラ

第6世代の覇者・メガガルーラですが、メガシンカをもらう前は一マイナーポケモンでした。メガガルーラと言えば、全ての攻撃技が連続技になることで頑丈や襷を貫通できる。実質1.25倍(第6世代では1.5倍)の攻撃力。追加効果が2回判定されるなどの点が強く、また耐久力もメガシンカで上がって高耐久の部類に入るポケモンでした。

これらの要素はダイマックスでは補いきれないので、ガルーラの活躍はここまでかな~という気がしますね。

「メガガルーラ」の画像検索結果

リザードン

ミュウツーを除けば唯一メガシンカを2種類もらった超優遇ポケモン。それぞれのメガシンカ先で全く対策が異なり、タイプも変わってしまうので、リザードン入り構築は実質7体なんて言われていました。

リザードンは通常特性は猛火、サンパワーと単体性能はメガに比べると大きく落ちます。人気のポケモンなので使う人はいると思いますが、今よりは確実に減るのではないかと思います。

関連画像

クチート

可愛い見た目と裏腹に特性・力持ちで実質攻撃種族値344と全ポケモン中最高の攻撃力を持つ化け物。

メガシンカが出る前は襷メタバやサポートでしか使われていませんでした。ダイマックスはサポート主体のポケモンには全く向いていないので、クチートの出番はガクッと減るのではないでしょうか。

「メガクチート」の画像検索結果

スピアー

いわずもがなですね。メガシンカするポケモンの中で最もメガシンカ前とのギャップが大きいポケモンではないでしょうか。

残り1ヶ月、僕の色違いスピアーを少しでも使ってあげたいです。

「メガスピアー」の画像検索結果

ライボルト

メガシンカ前の性能もそこまで悪くはないのですが、やはりメガシンカで素早さが105⇒135と超高速の部類に入ること、特性がいかくに変わること、特攻も大きく上がることなどが強さの理由でした。

ダイマックスではこれらは補いきれない気がしますね。

「メガライボルト」の画像検索結果

Z技

Z技はメガシンカとは違い、全部のポケモンが平等に使うことができる点やダイマックス技というZ技に近い要素があることから、そこまで影響がないでしょうが、専用Zで猛威を振るったポケモンや変化技をZにすることを得意としていたポケモンは厳しいですね。

ポリゴンZ

名前からしてZの化身みたいなポケモン(ジガルデェ…)。Zテクスチャーで一気に数を増やしました。

他にも全能力上昇系のZ技を使うポケモンは軒並み痛手ですが、ポリゴンZがナンバー1だと思います。

「ポリゴンZ」の画像検索結果

ミミッキュ

第7世代の象徴ミミッキュミミッキュ自体はZがなくても強いのですが、今ほどの猛威は振るわなくなると信じています!若干願望も入っていますね。

「ミミッキュ」の画像検索結果

ジャラランガ

専用Z技が超強力な600族。Zなしでも優秀なサポート役ですので活躍はできそうですが、今みたいに必ずジャラランガZを警戒しなくてはいけないという圧力はなくなりますね。

「ジャラランガ」の画像検索結果

イーブイ

専用Z技で対戦環境に殴りこんできたポケモン。流石にZがなければ活躍するのは難しいですね。でも進化後のポケモンたちは割と第8世代でもいけそうな気がしますね。

「イーブイ」の画像検索結果

 

逆に活躍できそうなポケモン

いたずらごころ持ち

第7世代で大きく弱体化された特性・いたずらごころですが、第8世代で復権するのでは?という予感がします。

というのも、ダイマックスの最大の弱点は3ターンしか継続しないこと。ということはみがまも(身代わり+守るの戦術)が増えると思います。そうするとこれらの技を確実に先制できるいたずらごころ持ちは結構

また、ダイマックスのもう一つの弱点として、実質的に変化技は使えない(攻撃しかできない)というものがあります。ゆえに道連れが決まりやすいのではないかという気もしますので、先制道連れも結構強そうですね。

高耐久の吠える・吹き飛ばし持ち

これもダイマックスの弱点である交代したら解除をつくためです。ダイマックスしてるポケモンはちょうはつを撃てませんので一発で倒されなければ切り返すことができますね。

第7世代で猛威を振るったカバルドンカビゴンといったポケモンがさらに活躍するかも?

特性・すり抜けのポケモン

ちょっと安易な考えかもしれませんが、みがまもがハマるならそれで詰まないポケモンが強いのでは?と思います。連続技持ちはダイマックスすると連続技じゃなくなってしまうっぽいので、身代わりを貫通できるすり抜けのポケモンが結構活躍するのでは?

スカーフトリック復権

メガシンカが出る前には結構使われていたスカーフトリックという戦術。こだわりスカーフという素早さが1.5倍になる代わりに同じ技しか撃てない道具を相手に押し付けて行動を縛る戦術ですが、メガストーンやZクリスタル持ちには効かないという弱点がありました。

ダイマックスポケモンは普通の道具を持っているので仕様にもよりますが、たぶんスカーフトリックが効くのではないかと思います。

ダイマックスしてもしなくても強いポケモン

ダイマックスはメガシンカやZ技と違い、構築時点や選出時点ではどのポケモンにも可能性がありますよね。

だからダイマックスをしてもしなくても戦えるというのは第8世代で強いポケモンの重要な条件ではないかと思います。

ダイマックスは攻撃特化の性能なので、攻撃性能が高く、それでいてダイマックスなしでも戦えるポケモンギルガルドとかカイリューとかカプ・テテフ(出られるのかわかりませんが)辺りが強そうだな~という感想です(小並感)。

ダイマックスポケモンをサポートできるポケモン

ダイマックスポケモンで全抜きするのが(少なくとも最初は)主流の戦術になりそうなので、その弱点を補ってあげるポケモンは結構使えそうですよね。具体的にはレッドカードを封じるトリックや叩き落とすを持ったポケモン、吠えるや吹き飛ばしを封じる挑発を持ったポケモン、壁張りや置き土産などいわゆる起点作りができるポケモンなんかも数が増えるのではないかと予想します。

 

 

 

以上、今回はメガシンカとZ技が廃止され、ダイマックスが導入されることで活躍ができなくなるポケモンや逆に活躍するポケモンを自分なりに考えてみました。

たぶん他にもたくさんいると思いますし、「いやいやこいつはこういう活躍ができる」と思った人もいると思いますので、よければコメントで教えてください。

 

それでは次の記事で。