神様は緑色

31歳、会社員が綴る趣味丸出しのブログ。

【ポケモン】続・最強実況者全力決定戦

こんばんは。うみほたるです。

前回の記事で「最強実況者全力決定戦」の紹介をしました↓↓↓ 

au31096.hatenablog.com

 

本日は予告していたとおり、自分なりのパートナーズを組んでみた+実際のパートナーズを分析してみたので、それぞれ紹介したいと思います。

ちょっと長くなりますが、よかったら読んでみてください。

 

 

1.僕なりのパートナーズを組んでみた!

それでは、前回の記事で説明したルールに則り、僕なりのパートナーズを組んでみたいと思います。

まずは飛行タイプ!

まず考え始める際に重要だと思ったのは飛行タイプ!なぜなら飛行タイプはトルネロスを除いて単タイプが存在せず必ず複合タイプになること、加えて飛行複合のポケモンボーマンダリザードンテッカグヤランドロスなどなど、非常に優秀なポケモンが多く、ここが最も重要だと思いました。

飛行タイプを選ぶとその複合先のタイプの枠も自動的に決まってしまうので、飛行タイプを意識しながら他のタイプも選択していきたいです。

とりあえず仮でリザードンしてみましょう。理由はメガ進化で2択を迫れるのと、ファイアローに入れ替えて奇襲することができそうだからです。

ノーマルは単タイプで決まり!

簡単に決められそうなのがノーマルタイプ枠。これは単タイプで確定だと思います。単タイプはガルーラ、ポリゴン2、ポリゴンZカビゴンなどの強力なポケモンが多いためです。問題は何をパートナーズにするか。

フェアリータイプを複数使う方法

フェアリータイプを使うことが結構重要になるでのはないかと思います。フェアリータイプ出現前のドラゴンの暴れ方を思い出してもらえればよくわかると思いますが、タイプの被りが許されないルールの中では抑止力をいかに保つかが重要です。

フェアリータイプ は当然1体しか使えないのですが、フェアリータイプを複数使う方法があります。一つがシルヴァディです。もう一つがチルタリスなどのメガ進化後にタイプが変わるポケモンを使うことですね。

というわけで、僕はノーマル枠はシルヴァディ一択だと思います。

ゴーストタイプは悩みどころ

ゴーストタイプはゲンガー、ミミッキュギルガルドなどの超優秀ながら替えの効かない単一タイプのポケモンが多くいます。

ミミッキュは貴重なゴースト枠とフェアリー枠を同時に消費するので、選択から外します。同じくギルガルドも外したいです。毒タイプでどうしてもほしいポケモンもいないので、ゲンガーにしてみましょうか

フェアリーはどうする?

フェアリーで最も汎用性が高いのは水複合だと思います。これは参加してる実況者の動画でも言及されていましたが、カプ・レヒレアシレーヌマリルリとバランスよく耐久型、特殊アタッカー、物理アタッカーが選択できるからです。単体で他のポケモンと組み合わせやすいカプ・レヒレが最善ではないかと思います。

地面タイプ激戦区

レートでは地面枠と言われるほど、地面タイプのポケモンが活躍しています。ランドロスカバルドンドリュウズガブリアスマンムーなどが代表的です。

ランドロスはすでに飛行枠を消費しており、選択不可。個人的に氷タイプが最終的に残りそうなので、マンムーがよいのではないかと思います。

鋼はどうする?

鋼タイプはポケモン対戦界のエリートたち。ギルガルドメタグロスハッサムナットレイヒードランルカリオなどなど。

鋼と複合の中で、一番他に使えなさそうなのが岩タイプだと感じました。なので、鋼・岩のボスゴドラでどうでしょうか。替えとして、ツンデツンデも使えます。両方ともレートでは一線級ではないものの、対策しないと厳しいポケモンであるので、メタゲーム向きでは?と思います。

エスパーも単タイプが◎

エスパータイプもノーマルと同じく、単タイプが強力です。フーディンクレセリアソーナンスなどが使えますね。汎用性ではクレセリアが1番だと思います。(好きなポケモンでもあります)

汎用性の高い複合タイプ!

現在余っている中で汎用性が高い複合タイプとして、虫・格闘があると思います。ヘラクロスフェローチェという強力なアタッカーが使えますラクレセの並びを意識してヘラクロスを選択

残りは単タイプで埋めましょう

残っているのが電気、草、悪、竜の4タイプです。竜以外はかなり汎用性の高い単タイプですので、単タイプで構成します。

電気をデンリュウ、草をジュカインにすることで竜をカバーする案でいきたいと思います。草はジャローダモジャンボもありだと思います。

悪はゾロアークが一番面白そう竜は選択肢が少ないですが、ヌメルゴンでいきたいと思います。

パーティ完成!

後半は若干適当でしたが(笑)、パーティが完成しました!

メガ進化枠が多すぎ??ジュカインモジャンボヘラクロスフェローチェボスゴドラツンデツンデ辺りがバランス改善されそうですね。

f:id:au31096:20190901233735j:plain

 

2.実際のパートナーズを分析してみた!

さて、実際に自分でパートナーズを組んでみたところで、今回の参加者のパートナーズを見てみましょう!

ざっとまとめてみました↓↓↓

f:id:au31096:20190901165142j:plain

最も多いのはアシキの14種類、最も服内のは11種類(まの、スー、あみゅ、afou)となっています。

これを表に落とし込んだのがこちら↓↓↓

f:id:au31096:20190901220220j:plain
※無:ノーマル、電:電気、飛:飛行、地:地面、格:格闘、超:エスパー、霊:ゴースト、妖:フェアリー、竜:ドラゴンでそれぞれ簡易表記しています。

色がついていないのは単タイプ色がついているのが複合タイプ太字がメガ進化ポケモン赤字は相棒(嫁)ポケ等赤枠は単一タイプ(同一系統以外の自由枠が使用不可)です。

 

数えやすくするために、重複分を空欄にしたバージョンも作ってみました↓↓↓

f:id:au31096:20190901165024j:plain

単一タイプ

赤枠で表示している単一タイプ、今回のパートナーズでは地・氷のマンムー、草・氷のユキノオー、鋼・炎のヒードラン、岩・電のAゴローニャ、岩・悪のバンギラス、竜・格のジャラランガ、鋼・霊のギルガルド、霊・毒のゲンガー、毒・竜のアーゴヨン、霊・妖のミミッキュが該当します。

※間違っていたら指摘していただければありがたいです。

KPを見てみましょう!

さてさて、ではKPを見ていきましょう。

KP1位はオニゴーリジャローダクレセリアの7で全て単タイプとなりました。単タイプは自由枠の選択肢も多いので納得ですね。

続いてKP2位はミミッキュで6です。替えの効かない単一タイプながら流石の順位です。

KP3位はカプ・レヒレゲッコウガマンムーペンドラーバンギラスジャラランガ、ゲンガーで5でした。ペンドラーがかなり意外ですね。マンムーバンギラスジャラランガ、ゲンガーは単一タイプですが、強力なポケモンですね。

KP4位(4)はガルーラ、ポリゴンZミミロップスイクンウインディライボルトボーマンダフシギバナカイロスカバルドンドリュウズメタグロス

以下、参考です。

KP5位(3):ポリゴン2シルヴァディツンベアーバシャーモリザードンデンジュモクエルフーンルガルガン(真昼)、ルガルガン(黄昏)、ギガイアスローブシンゾロアークオノノクス

KP6位(2):カビゴンエンテイゴウカザルライコウボルトロス(霊獣)、ボルトロス(化身)、テッカグヤプテラチルタリスヘラクロスフェローチェハッサムルカリオマタドガスランクルスムウマ、Aペルシアン

タイプごとのKPは?

今回のルールに着目して、タイプとしてのKPも調べてみました。

1位は無(20)、つまり全員ですね。やはりノーマルタイプは単タイプで満場一致みたいです。ガルーラ、ポリ2、ポリZ、ミミロップカビゴンシルヴァディにキレイに割れていました。

2位は氷(14)、半分がオニゴーリです。3位は超(13)、こちらは半分がクレセリアです。

4位は電(11)、5位は岩(10)、6位は草(9)で単タイプ強しです。まあ当然といえば当然ですかね。

複合タイプの1位は水・妖、水・悪、飛・竜、霊・妖でKP6でした。霊・妖はミミッキュのみですが、最も使われている部類でしたね。

単一タイプの採用数

単一タイプの採用数はトップがafouの4(ユキノオーヒードランミミッキュバンギラス)でした。パートナーズ11のうち、4つが替えが効かないというのはかなり不利に見えますがどうなんでしょうね。

続いて3の人があみゅ、ロミの2人。逆に0だったのはベルン、としひこ、ランドセル、リドルの4人でした。

メガシンカ

メガ進化枠の数ですが、最も多いのはあみゅの6(ミミロップライボルトボーマンダフシギバナヘラクロスバンギラス)、次いであゆみんの5(ミミロップチルタリスメタグロス、ゲンガー、アブソル)で、最も少ないのはリドルの1(リザードン)でした。

※メガ進化の可否のみで判断しており、ガブリアスラティオスオニゴーリなどもカウントしています。

 

3.最後に

さて、いろいろ細かく分析してみました。本当はもう少し詳しく分析しているのですが、あまりに長いので割愛しています(笑)。

もし、分析結果や生データがほしいという方がいれば連絡いただければお渡ししますよ!

 

というわけでかなり長くなってしまいましたが、以上です。

「最強実況者全力決定戦」、第7世代最後のお祭りを一緒に楽しみましょう!

 

それでは次の記事で。