神様は緑色

31歳、会社員が綴る趣味丸出しのブログ。

【ポケモン】仲間大会×2(Uグラカップ&ななすけ杯)

こんばんは。うみほたるです。

北海道帰省日誌を順次書いているところですが、本日は少し脱線して帰省中に開催された仲間大会に参加したので、その報告をしていきたいと思います。

 

元々楽しみにしていた仲間大会だったのですが、運悪く、予定されていた帰省期間に被ってしまい、一度は参加をあきらめたのですが、「夜だったら別にやってもいいんじゃない?」という嫁の言葉に後押しされ、参加してみました!(何しに帰省しているんだ、とは自分でも思います)

 

本日の目次

 

仲間大会とは?

仲間大会というのは第7世代から追加された新機能で、通常のレートとは別に個別に集まった人々の中だけで限られた対戦回数でレートを競うものです。この機能を利用した新しい実況者大会なども開かれており、かなり好評だと思うので次回作でもきっと続投するだろうと思います。

最新作ソード&シールドの発売までもうすぐというタイミングですが、最後のお祭り感覚で色々な人が仲間大会を開いてくれています。

僕は今まで仲間大会にあまり参加してこなかったのですが、最後だしせっかくなので…という気持ちで参加することにしました。

※ちなみに以前ウルトラみりあカップという仲間大会に参加したことがあります。

 

ウルトラグラカップ・ザ・ファイナル

有名実況者のグラさん主催のシングルバトルの大会です。これまでの何度か開催されていましたが、僕が参加するのは初めてです。優勝者には最新作のダウンロード版が進呈されるという大盤振る舞い!流石に優勝できるとは思っていませんが、モチベーションにはなりますよね。

開催日は10/26 19:00~10/27 8:59で、エントリー総数は1835人だったようです。最大で15戦することができました。

 

第2回ななすけ杯

同じく実況者のななすけさん主催でこちらはダブルバトルの大会でした。

開催日は10/27 20:00~23:59で、エントリー総数は1417人で、最大で10戦ができる大会でした。

ダブルバトルは普段そんなにやらないので完全にエンジョイ勢レベルの実力で挑みました。

 

参加パーティと結果

グラカップ

グラカップに参加した際のパーティはこちら↓↓↓

ルカリオ@メガ石☆ 不屈の心⇒適応力 臆病CS

気合玉 ラスカノ 真空波 悪だくみ

リザードン@メガX 猛火⇒固い爪 腕白HBベース

ラクロ ニトチャ 鬼火 羽休め

カバルドン@ゴツメ 砂起こし 腕白HB

地震 氷の牙 なまける あくび

ボルトロス@電気Z 蓄電 控え目Hbcs

10万ボルト めざ氷 悪だくみ 高速移動

カプ・テテフ@気合の襷☆ サイコメイカー 控え目CS

サイコキネシス サイコショック ムンフォ 寝言

マリルリ@オボン☆ 力持ち 意地っぱりHAベース

アクアブレイク アクジェ じゃれつく 腹太鼓

☆を付けたのは色違いです。別のシリーズで紹介していたりするのでそちらも是非みてみてください。

au31096.hatenablog.com

今レートで使っているパーティが1800くらいなのですが、今回はせっかくなので新しく組んだパーティを使いました。試運転なしです。

テテフは自慢のキノガッサ対策で寝言を仕込んでいきましたが、初手のテテフに対してガッサが一度も選出されませんでした。。。うまくいかないもんですね。

結果は15戦して9勝6敗、レート1544、1244人中の220位でした。最初馬鹿みたいなプレミで連敗したのが響いてしまいました。。。

諸事情によりTNを隠していますが、僕のサブロムです。

f:id:au31096:20191031224535p:plain

 

ななすけ杯

続いてななすけ杯の参加パーティはこちら↓↓↓

サーナイト@メガ石☆ トレース⇒フェアリースキン 控え目HC

ハイパーボイス サイコキネシス トリックルーム 守る

ガオガエン@チョッキ 威嚇 意地っぱりHAベース

フレアドライブ 叩き落とす 猫だまし 蜻蛉返り

モロバレル@ゴツメ☆ 再生力 図太いHB

ギガドレイン キノコの胞子 守る 怒りの粉

ボーマンダ@メガ石 威嚇⇒スカイスキン 臆病CS

ハイパーボイス 流星群 火炎放射 守る

アシレーヌ@混乱実☆ うるおいボイス 呑気HB

ハイパーボイス 凍える風 守る 手助け

カプ・コケコ@電気Z☆ エレキメイカー 臆病CS

10万ボルト エレキネット マジカルシャイン 守る

 

 

正直このパーティは性格不一致の色違い夢特性アシレーヌを何とか使いたくて無理やり作ったものです(笑)

アシレーヌの紹介記事はこちら↓↓↓

au31096.hatenablog.com

アシレーヌは一撃で落ちることはほとんどなく、混乱実込みで2回以上は耐えることが多かったので、こご風や手助けでサポートしてくれました。物理がガオガエンだけなので、物理火力が乏しいのがつらかったですね。

戦績は10戦して6勝4敗、レートは1533、1131人中の265位でした。

まあ、即興で作った&アシレーヌを無理やり活かしたパーティにしては頑張った方だと思います。

f:id:au31096:20191031224420p:plain

 

参加した感想

この2つの大会は自分的には可もなく不可もなくというくらいの成績でしたが、戦っているときは本当に楽しかったです。ななすけ杯の方はななすけの配信を見ながらスナイプを狙ってみたのですが、残念ながらマッチングしませんでした。

最後のお祭り感があって、すっかり仲間大会にハマってしまいました。PGLの仲間大会を検索するのが癖になりつつあります。ソード&シールドでも是非この機能は継続してほしいですね。

ここ数日も色々仲間大会に参加しているので、そのうちまた報告したいと思います。

 

 

 

今回は脱線しましたが、明日からまた帰省日誌を再開したいと思います。

 

それでは次の記事で。

【子育て日記】北海道帰省日誌②人に会ってきた編

こんばんは。うみほたるです。

昨日の続きです。まだ未読の方はこちらからどうぞ↓↓↓

au31096.hatenablog.com

北海道に着いた僕ら一家ですが、今回はせっかく娘が生まれたということで色々な人に会いにいってきました。

普段僕は自分から連絡を取って人に会いにいくタイプではないのですが、北海道というなかなか気軽にはいけない場所で、せっかくなので会っておきたい人

連絡を取った人は主にSNSなんかで娘に対するコメントとかをくれた人です。

 

本日の目次

 

まずは当然両親

これは会ってきたとは違うと思いますが、今回の目的である僕の両親に成長した娘の姿を見せることができました。

母親が最後に見たのは生まれて間もない姿、父親も7月に見て以来なので、かなり大きくなったはずです。と言っても今はLINEなどで写真や動画を簡単に共有できるのでそこまでの驚きはないみたいです。

f:id:au31096:20191101162922j:plain

計7泊したのでそれなりに娘と交流する時間もあり、きっと両親も満足してくれただろうと思います。娘も結構機嫌がよく、夕食時に母親に抱っこされながら僕の顔を見て爆笑したりしていました。

小学校の同級生

ここから僕が連絡を取って会いにいった人。まずは小学校時代の同級生です。彼女も昨年2月に長男が生まれたとのことで、一緒に連れてきてくれました。

この少年は9か月にも関わらず歩くは走るはでなかなかのフィジカルモンスターでした(笑)

f:id:au31096:20191101162943j:plain

男の子はやっぱり落ち着きがないなぁ~という印象でした(笑)

その分元気で可愛いですけどね。僕は大学で東京に出てきてしまったので地元の友達はほとんど皆無に近いのですが、彼女から相当な量の地元情報を聞くことができました。もう30過ぎてるのに、まだ地元の繋がりがあるって考えてみると結構凄いですよね。

元会社の同期

続いては昨春に会社を退職し、札幌に移住した元同期です。

札幌駅の近くのカフェで話をしたのですが、娘は終始機嫌が悪く、抱っこしてもらっても泣き叫ぶ始末。外面のいい我が娘にしては珍しいです。

彼女とも久しぶりに近況を報告しあったり、札幌での新生活のことや僕の今の状況や今後を話したりして有意義な時間でした。

f:id:au31096:20191101162932j:plain

母の実家

最後は母の実家であり、僕にとっては従兄弟がいる家にお邪魔してきました。従兄弟は5人兄弟ですが、この日家にいたのはそのうち2人だけでした。

母の母、つまり僕の祖母は僕が結婚する直前に亡くなってしまいました。できれば曾孫の顔を見せてあげたかったなぁ。

飼い始めたばかりの犬(柴犬)がいたので、少し娘を見せてみましたが、普段吠えないという犬が吠えていました(笑)珍しかったからなのか、上下関係を見てとったのかはよくわかりませんが。

 

 

 

ということで、今回の帰省では友達2名と従兄弟に娘を連れて会いにいってきました。

今まで自分一人の帰省の際は誰にも会わないなんてざらで、下手をすれば家からほとんど出ないこともあったくらいです。

そんな実家出不精の僕がこんなに多くの人に連絡を取り、会いにいったことに自分でも少し驚いています。人って変わるもんですね。

 

会った後はLINEなどで連絡を取ったのですが、みんな会えてうれしかったと言ってくれて、また帰ってきた際には連絡してね~と言ってくれたので、次から帰省する際にもできるだけ声かけてみようと思います。

 

では本日はこの辺で。次回は帰省中にやったこと。

 

それでは次の記事で。

【子育て日記】北海道帰省日誌①自宅から北海道まで移動編

こんばんは。うみほたるです。

先日軽くご報告した通り、10月23日より北海道札幌市の隣町にある僕の実家に帰省していました。今回から何回かに分けてその話をしていこうと思います。

 

本日の目次

 

羽田空港まで

北海道までの帰省の中で最も難所だと思っていたのが飛行機での移動でした。

「赤ん坊の場合、耳抜きってどうやってやるんだろう?」

「泣き叫び始めたらどうしよう?」

「ベルトはしなくて大丈夫なんだっけ??」

 などなど悩みは尽きず。

 

さて、我が家から羽田空港へ行く場合、時間とお金を考えたら品川から京京急が最善なんですが、せっかくの機会なのでモノレールを見せてあげたい!

ということで大江戸線で大門へ、大門から浜松町まで歩いてそこからモノレールに乗車。

モノレールからはレインボーブリッジやら何やら、東京湾の景色が楽しめます。座席は東京湾側一択ですよ!

f:id:au31096:20191102200357j:plain

 

羽田空港に到着

モノレールで羽田空港第2ターミナルへ。

羽田には出発の1時間半前くらいに到着しました。僕は飛行機慣れしまくっている方なので、国内線で一人の時はもう30分前くらいに空港入りするのですが、子供連れの場合はオムツ替えの時間は最低でも確保したいので1時間半はちょうどいいと感じました。

 

そして、いよいよ飛行機へ。

f:id:au31096:20191102201216j:plain

 

飛行機に乗るなり娘はグズり始める。

う~ん…不安的中。たぶん授乳かな?と思い、本当はよくないのでしょうが、CAさんに相談した上で座席で目隠しの毛布を被った上で妻が授乳をしてみると

 

爆睡...zzz

 

結局そのまま起きることなく北海道に着いてしまいました。

連休直後の閑散期で飛行機が空いていたのが幸いしました。

 

飛行機内での気遣い

ANAのCAさんは授乳中の妻への飲み物の提供の際、何も言わずに蓋とストローを付けて渡してくれました。

このCAさんの気遣いに妻が感動していました。簡単なことですが、こういう気遣いって有難いですよね。

 

新千歳空港に到着

予定通りの時間で新千歳空港に到着。新千歳空港の移動中にも娘は爆睡のまま(笑)

僕の実家は新千歳空港から札幌駅経由で電車で1時間半くらいかかるのですが、その間もほぼほぼ爆睡していました。

 

ちなみに北海道に着くと僕が必ず買うものがあります。

キリン 北海道ガラナ 500ml×24本

キリン 北海道ガラナ 500ml×24本

 

ガラナです。キリンではなく本当はコアップガラナがいいのですが、最近見かけませんね。。。ナポリンがあればなおよし。

 

あの場所へ

さらに妻の希望である場所へ寄りました。

f:id:au31096:20191102202205j:plain

セイコーマートです。ご存知でしょうか。

北海道発のコンビニです。少し前に関東にも進出しているようです。

僕が子どもの頃のセイコーマートはもっと独特の商品が多く、50円くらいのジュースとか普通のコンビニにはないものばかり売っていたのですが、今では割と普通のコンビニになってしまっていました。

それでも売りのHOT CHEF(店内で手作りしているお弁当など)はなかなか美味しかったです。滞在中に唐揚げやらフライドポテトやら色々食べました。

 

そんなこんなで実家に到着。

振り返ってみると心配していた移動はほぼほぼ娘は爆睡していました。

起きていたらどうなったのか気になるところですが、まあ結果オーライということで!!

 

 

本日はここまでです。次からは北海道でどんなことをしていたのか書いていきたいと思います。

それでは次の記事で。

【ポケモン】最強実況者全力決定戦・ラスト

f:id:au31096:20190928213732j:plain

こんばんは。うみほたるです。

ポケモン最強実況者全力決定戦」、ついに昨日決勝戦が投稿され、優勝者が決定するとともに、全試合が終了しました。

前回の記事で決勝トーナメント1回戦について書いてから、かなり時間が経ってしまいました。(理由は昨日の記事参照)

au31096.hatenablog.com

本日は準決勝、3位決定戦、そして決勝をまとめて振り返っていきたいと思います。

 

本日の目次

 

準決勝第1試合 まのvsイレベン

まのvsイレベンの1戦はとてつもない運ゲーになりました。

初手はライコウvs色違いバンギラスで完全にイレベンの出し勝ち状態となりました。その上、ロックカットを積ませ、岩Zで無償突破を許し、この時点で僕は思いました。

「ああ、まのの負けだな」と。

多分僕だけじゃないと思います。

 

が、そこからが凄かったです。まのの控えは自由枠のドーブルとゲンガーでした。

これだけでだいたい何が起きたかわかる人もいるかもしれませんが、見ていない人は是非自分の目で見ていただきたいです。

まのの動画によれば確率的には0.5%の勝利。準決勝第1試合はまのの勝利となりました。

 

準決勝第2試合 シャーレvsしぇいど

シャーレvsしぇいどは戦略的な試合でした。

しぇいどが選んだ戦術は彼が使わないと予想されていた戦術の一つ、毒菱パでした。これがドハマり。うまく嵌められたシャーレが終始足掻く展開になっていました。

結果だけ見ればしぇいどの圧勝でしたが、一つ仮定をしてみたいと思います。

 

初手の火炎玉ミロカロスvsウツロイドの対面でミロカロスに毒毒が入った場面ですが、毒毒状態にさえならなければシャーレの勝ちもあったと思います。

僕は火炎玉ミロカロスも毒毒ウツロイドもよく愛用しているので、あの対面では真っ先に毒毒を警戒しました(あまり一般的な思考ではないのかもしれませんが)。

 

ミロカロスが引いた場合、裏のバシャーモペルシアンに毒毒が入ったと思います。この後しぇいど側は毒毒連打はできないでしょう。ゆえにすぐにミロカロスに戻せば火炎玉が発動し、毒毒を防ぐことができました。

そして、火炎玉ミロカロスをしぇいどの裏が突破できる可能性は低かったのではないかと思います。ミミッキュに呪いがあったものの、回復手段はないので何度も撃つことはできないので、あの一手が全てだったと感じました。

同じようなことはシャーレも後語りで言っていましたが。

 

3位決定戦

準決勝の結果、3位決定戦はイレベンvsシャーレということになりました。

この試合も結果だけ見ると一方的な試合になってしまいました。アナライズ眼鏡ジバコで挑んだシャーレは瞑想身代わりクレセに見事に起点にされてしまいました。

クレセ突破も厳しいかと思いましたが、その後クレセは突破したものの、後続を倒しきれず敗北。イレベンの勝利となりました。

この試合の見所は世にも珍しい「エコーボイスバトン」という現象が見れたことです。これはかなりポケモンに詳しい人でも意味がわからないと思います。僕もこの仕様を正しく理解していませんでした。その点だけでも一見の価値がある試合です。

 

勝戦

決勝はまのvsしぇいど、奇しくもゆっくり実況者同士の対決となりました。

勝戦にて、しぇいどは自らの原点というべき「積み構築」に帰ります。一方、まのは意表をつく型で勝負に挑みました。

プレイングで一番印象に残ったのは襷を消費した起点作りのウツロイドをしぇいどが残したことです。結果的に勝敗には影響しませんでしたが、残した理由が強いプレイヤーの思考だなと思いました。こういうことの積み重ねが僕と強いプレイヤーの差なのだと思います。

綺麗に起点を作り、そのままジャラランガで積んで倒しきったしぇいどが優勝。試合自体は淡白なものでしたが、両視点でのエンディングは世代最後のお祭りの終わりを感じましたね。

というわけで優勝はしぇいどさんでした。おめでとうございます。そしてまのさんも準優勝おめでとうございます。

 

最後に

この大会が始まったときに自分としては注目していたので、軽い気持ちで記事を書いてみたところ、他にブログなどで詳しく書いている人がいなかったからか、予想以上に注目されてしまいました(Twitterなどでは結構言及している人がいたようですが)。

注目され、アクセス数が増えるのはモチベーションになる反面、大会動画を見てそれを記事にすることを自分の中で義務化してしまった面があり、無駄に固く視聴してしまった気がします。

とは言え、第7世代最後にして最大といっていいだろう大会を十二分に楽しむことができたので、個人的にはやってよかったと思っています。

実況者大会はそれまで知らなかった人を知るきっかけになり、そこから通常回や過去の別の大会を見に行ったりするのが楽しみの一つでもあると思います。

今回でいうと僕はとしひこ、あかとんぼ、明日葉の動画を見に行ったりするようになりました。

 

主催のあみゅが最後に総括する動画を出すと言っていたので、それが最後の楽しみです。

 

僕のブログにおける「最強実況者全力決定戦」に関するネタは今回で終わりです。

これをきっかけに見てくださった方、ありがとうございました。よろしければ他の記事も興味があるものがあれば見ていっていただけると嬉しいです。

 

それでは次の記事で。

【超雑記】北海道に行っていました

こんばんは。うみほたるです。

7月に始めたこのブログですが、基本的に毎日何かしら更新していくのが目標でした。

ところが、この数日は更新ができていませんでした。

 

その理由がタイトルのとおり。

僕の実家がある北海道に家族で帰省をしていました。

 

本当は書き溜めをしておいて、北海道にいる間にも更新できるようにしたかったのですが、直前に山梨への旅行(リニアの体験乗車)↓↓↓

au31096.hatenablog.com

au31096.hatenablog.com

宅建士試験本番↓↓↓

au31096.hatenablog.com

が重なり、帰省の準備などもあって、ブログを書く余裕がありませんでした。

 

先ほど帰宅したので明日からはまた無理のない範囲で再開したいと思います。

本日はかなり疲れが溜まっているので、ご報告だけさせていただいて。。。

 

それでは次の記事で。

【ポケモン】自慢の色違いポケモン⑥

こんばんは。うみほたるです。 

自慢の色違いポケモンの紹介シリーズも第6回目になりました。

新作発売までには終わろうと思うのでご安心を(?)

 

今回は複数個体もっている色違いポケモンを特集してみたいと思います。

 

過去の記事はこちら↓↓↓

au31096.hatenablog.com

 

なお、今回は紹介する個体数が多いので、小ネタはカットして8体紹介していきたいと思います。それではどうぞ!!

 

本日の目次

 

26体目:アシレーヌ

厳選ロム:USUM、NN:ビアンカ、性格:控え目

ブロンド美女なのに♂:♀=7:1という7世代御三家のビジュアル担当アシレーヌ。見てください!なんと♀です。

f:id:au31096:20191009173127j:plain

しかもこの個体、まさかのA抜け5VでしかもAの個体値は1!!実質完全理想個体です。僕が持っている色違いポケモンの中ではたぶん一番の神個体。

ニックネームはDQVの天空の花嫁より。

f:id:au31096:20191009173151j:plain

27体目:アシレーヌ

厳選ロム:USUM、NN:クラピカ、性格:呑気

夢特性アシレーヌを厳選しているときにあっさりと出てしまった個体。まだ性格固定をしていなかったため呑気という性格に。

夢特性アシレーヌダブルバトルくらいしか使い道がないらしいので、彼を活かす構築を模索中です。

ニックネームはハンター×ハンターより。

f:id:au31096:20191009173210j:plain

28体目:リザードン

厳選ロム:USUM、NN:スサノオ、性格:控え目

みんなの憧れ黒いリザードン。見てのとおりリザードンY用の個体です。

f:id:au31096:20191009172944j:plain

こいつはなんとA0、B30のめざ氷完全理想個体!!一応狙って厳選していたとは言え、まさか本当に色違い理想個体が出るとは。レートでも大活躍です。

ニックネームは黒い炎から取りました(NARUTOに着想)が、ダサいのは自覚しています。

f:id:au31096:20191009173007j:plain

29体目:リザードン

厳選ロム:USUM、NN:ナーガ、性格:控え目

上の個体が出た際に余った卵からもう一体色違いが。こちらはB抜け5Vの個体でしたので王冠を使いました。めざパはないですが十分強いです。

ニックネームはインド神話の蛇神のことだそうです。アイシールド21の神龍寺ナーガから取りました。

f:id:au31096:20191009173035j:plain

30体目:カバルドン

厳選ロム:USUM、NN:カバ・こけこ、性格:慎重

いわゆる起点作りカバルドンと呼ばれる慎重HD型です。第7世代で大躍進したポケモンの1匹ですね。多くの構築のキーになってくれます。

ニックネームは苔が生えている見た目と雌であることからカプ・コケコをもじってつけてみました。

f:id:au31096:20191009174636j:plain

31体目:カバルドン

厳選ロム:USUM、NN:カバリズム♪、性格:意地っぱり

もう1体のカバはウルトラホール産の野生個体です。なまけるも欠伸も使えないので意地っぱりにしてみました。使ってみるとそれなりに意表がつけて強いです。

ニックネームはいいのが思い浮かびませんでした。。。

f:id:au31096:20191009174652j:plain

32体目:ゲッコウガ

厳選ロム:XY、NN:Pepsiコ*ラman、性格:臆病

XY時代に厳選した黒いゲッコウガです。残念ながら変幻自在ではなかったのですが、Z技のおかげで激流ゲッコウガが注目されることとなり、嬉しい限り!!ダイマックスでも活躍してくれることを祈ります。

ニックネームはお馴染み複合ニックネームです。

f:id:au31096:20191009174732j:plain

33体目:ゲッコウガ

厳選ロム:USUM、NN:みさお、性格:無邪気

USUMで再チャレンジしたゲッコウガですが、またも激流!!こちらは両刀なので何とか変幻自在にしたかったところです。しかし、御三家色違いには珍しく♀の個体をゲットできました。

ニックネームはるろうに剣心のくノ一・巻町操から。

f:id:au31096:20191009174751j:plain

 

ということで、今回はちょっと中途半端になってしまいましたが、アシレーヌリザードンカバルドンゲッコウガを2体ずつ紹介してみました。

カバルドンを抜いて御三家で統一するのも面白かったですね。構成ミスでした。

まだ2体持っている色違いポケモンがいるので、次回も続きを紹介いていこうと思います。

 

それでは次の記事で。

【子育て日記】手作り布絵本

こんばんは。うみほたるです。

本日は我が家の娘の遊び道具の一つである手作り布絵本を紹介したいと思います。

と言っても作ったのは僕ではなく妻ですが…(笑)

f:id:au31096:20191017212933j:plain

 

本日の目次

 

布絵本とは?

読んで字のごとく、布でできた絵本のことです。一般的にはソフトブックというみたいですね。

たぶん一番有名なのははらぺこあおむしの布絵本だと思います↓↓↓

エリック・カール はらぺこあおむし どこでもソフトブック

エリック・カール はらぺこあおむし どこでもソフトブック

 

赤ちゃんは何でも口に含んで確かめようとする傾向にあるので、舐めても害がなく洗うことも可能。やわらかい素材だから手や目などを傷つける心配もなく、安心して遊ばせることができるというのが特徴ですね。

今回作ったものは主にフェルト生地で出来ています。

 

テーマは四季

今回の布絵本のテーマは四季だそうです。各見開きを春夏秋冬に見立てて色々な仕掛けを施して子どもの興味を引く工夫を凝らしています。

では1ページずつ見ていきましょう!

ということで早速春のページから紹介していきます。

春のページは花と蝶々、鳥の卵をモチーフにしています。

f:id:au31096:20191018074436j:plain

蝶々の方は下の画像のように羽が開く仕掛けになっています。卵の方はちょっと凝っていて、それぞれの卵が取り外しができ、めくるとヒヨコが出てきます。

f:id:au31096:20191018074256j:plain

続いて夏のページはスイカと海の中がモチーフになっています。

f:id:au31096:20191018074655j:plain

イカはビジュアルのインパクトが一番すごく、めくると中に赤い果肉と種が見えるようになっています。たぶん娘はまだこれが何か理解できないと思いますが、見た目は派手ですよね(笑)

イカはボタンで留まるようになっています。

f:id:au31096:20191018074754j:plain

海のページは海藻をめくると魚が出てくるだけでなく、貝殻をめくると真珠っぽいものが出てきます。

f:id:au31096:20191018074921j:plain

続いて秋のページです。秋のテーマは果物とお月見です。

果物は柿、りんご、ぶどうの3種類でそれぞれ木の枝にボタンで留められています。

f:id:au31096:20191018074638j:plain

それぞれの果物を外して籠の中に入れることができますが、ちょっと娘にはハードルが高いかもしれないですね。。。お月見の雲はめくると満月が顔を出す仕掛けになっています。

f:id:au31096:20191018075229j:plain

最後に冬はクリスマスプレゼントと炬燵がモチーフになっています。

クリスマスプレゼントの箱は靴下から抜き出すことができ、開けると中身が見られるようになっています。

f:id:au31096:20191018075242j:plain

炬燵の方はめくると中から黒猫が顔を出します。猫は炬燵で丸くなるというやつですね。ちなみにうちには炬燵もなければ黒猫もいません(笑)

f:id:au31096:20191018075311j:plain

表紙と裏表紙

表紙はこんな感じです。妻曰く、赤ちゃんの注意を引きやすいシンプルな模様にしたとのこと。

f:id:au31096:20191018075323j:plain

裏表紙はこんな感じ。扉の部分もめくることができます。猫のしっぽが気になりますね(笑)

f:id:au31096:20191018075336j:plain

おまけ:手作りメリー

よく赤ちゃんが寝ている上にぷらぷらさせるアレ(メリーというらしいです)も妻が手作りしています。

f:id:au31096:20191018081638j:plain

f:id:au31096:20191018081649j:plain

 

 

ということで今回は妻が手作りした布絵本について紹介しました。

妻もブログをやっていて、こちらにはより詳しい作り方とかも書いてあるので、興味があれば見てみてください。

(茶道の記事とかもあるので、興味があればついでに)

teacere.hatenablog.com

 

それでは次の記事で。